ニキビの原因~どうしてニキビが出来るのか?

ニキビと皮脂の収集に空孔があります。 なんというか、”が吹き出物が皮脂のように”と、続きがお済みでない可能性があり、ニキビの場合皮脂を集めることはありません、細孔であった。 場合皮脂がない排水からの空隙の乾燥肌を適切にちがきびします。

“その間隙から、これらは、言っているのは、きびします。 私はその理由を説明孔が目詰まりがここに。

余剰な皮脂の分泌の理由(1)皮脂詰まった孔を必要として天然保湿因子です。 しかし、これを使用すると短命化の細孔でできないので排出することで時を超えて必要な額となります。 多くの場合、影響の男性ホルモンの皮脂の分泌を増加しました。

思春期ニキビ

で男性ホルモンの急増に第二期の成長は、皮脂の分泌が活発になります。 ていただく場合を中心に20年間、ホルモンバランスが安定し、皮脂の分泌を落ち着かせます。

障害(思春期以降にホルモンバランス

量分泌にな皮脂の分泌増加の要因は主に、私は大人になるとします。

ストレス
ホルモンが分泌された時に感じたストレスが分泌を促進する男性ホルモン以外のantistressます。 そのための過剰な分泌の皮脂が強いストレスや慢性ストレスを続けます。

※具体的には、”原因と(5)ストレスのニキビ”です。

睡眠不足が原因のニキビ

心と身体のひずみ状態でなかった場合は睡眠をとり、交感神経が支配的です。 交感神経が分泌を促進する男性ホルモンです。

※具体的には、”原因(6)睡眠不足にニキビ”です。

Corpus luteumホルモン
の場合には、皮脂の分泌が増加の影響下で女性ホルモンです。 構造が似ている男性ホルモンのcorpus luteumホルモン(プロゲステロン)を分泌された後半の月経期間は皮脂の分泌を活き活きと同様です。

※具体的には、”原因(4)生理、月経前症候群のニキビ”です。

悪い食事のバランス?

お食事の内容は皮脂分泌す。 ものがほとんどない場合、脂質、脂肪、いろいろなものがあるもの影響皮脂の分泌します。

動物性脂質、糖質の消費もので
これらのゲ皮脂の分泌を促進できる、脂腺性腺がんが消費するだけです。

高GI食品
の炭水化物、ものがある”血糖値=GI食”に上昇します。 でインスリンが分泌される低血糖レベルでの心を刺激する男性ホルモン量の皮脂が傾斜高GI食となります。

なビタミン
ビタミンB2、B6作を制御皮脂の分泌します。 私が過剰に分泌し、皮脂が短います。

※お食事は、本会のニキビは、”原因(2)食品を食生活でのニキビ”です。

“Hypercornification”ケラチントの厚みよりの障害とのバリア機能を理由(2)cornification異常回転詰まった、空孔があります。 のhypercornificationを起こし、様々な原因があります。

他にも原因が?~外部要因~

刺激から肌の原因となりhypercornificationます。

間違ったスキンケア
バリア機能皮膚の減少が過剰な皮脂によるクレンジング&洗顔、ケラチントロッと保護皮膚からの刺激になります。 また、湿度の保持が不十分であり、水の角質層は、回転が乱は緊張せずに古い角質カットオフします。

紫外線
場合皮膚ヒット紫外線、バリア機能により皮膚の行為は、ケラチントロッとします。 また、影響下での活性酸素発生のため紫外線の原因となりhypercornificationる回転率が乱れます。

生活習慣

の生活が過剰に分泌し、皮脂の原因となhypercornificationます。

ストレス、睡眠不足
ストレスや睡眠不足の分泌を促進する男性ホルモンが過剰に分泌し、皮脂を落とす。 また、男性ホルモンできる厚みのケラチンです。

悪い食事のバランス
時ビタミンA、ビタミンB複合体をタンパク質および必須脂肪酸に必要な世代の皮膚細胞の新陳代謝の皮膚が短いため、回転率が接続障害、percornificationます。

その理由(3)基礎化粧品や化粧品、き詰まった孔になって直接の原因として気孔の目詰まります。 の作品などの液体の基礎コンシーラーの細孔および蓄積する場合があります。 時に洗剤の洗顔だと言われている良好な左後の洗顔に、ニキビな意味があります。